気になるあの人に「いい匂いだね」って言われるモテ香水ベスト5

こんにちは、亜未(ami)です。

今回はモテ香水を紹介しようと思うのですが実は私、香水が大の苦手でした。

子供の頃から嗅覚が鋭かったせいか、香水をつけすぎている女性が苦手だったのです。

狭いエレベーターで香水をつけすぎている女性と一緒になったときに、鼻をつまんでいないといけない気持ちおわかりになるでしょうか?

ですから、香水には苦手意識があり大学入学祝いに祖母からディオールの香水をもらったときも、つけずに置いておく始末でした。

そんな私を香水好きに変えたのが、ある1つの香水とある男性の言葉だったのです。

というわけで、今回は香水すら満足につけられなかった私がモテに変身できた理由と男性ウケするお気に入りの香水(コロン、トワレ、パルファム)を紹介します。

定番はずっと嗅いでいたいシャンプーの香り

最初にオススメするのが洗いたてのシャンプーの香りがするフィアンセのピュアシャンプーです。

ベタだと思われるかもしれませんが、シャンプーの香りが嫌いな人というのはいません。

私もフィアンセの香りをはじめて嗅いだとき、とても感動しました。

香りが一瞬で飛んでしまうのが難点だったのですが、昨年トワレがでたので香りが長持ちするようになりました。

シャンプーよりもシャンプーらしい匂いがしますし、頭皮に合わない香り付きのシャンプーを使う必要もないので重宝しますよ。

トップノートはグリーンアップルとレモンのさわやかな香り、ミドルノートはジャスミンとミュゲの香り、ラストノートはムスクとウッディーの香りと、香りも変化していきます。

ひとふきで清潔感と女性らしさを同時に高めてくれるとても素敵な香水です。

持ち運びをする場合はこちらを使ってみてくださいね。

香水が苦手な男性にもウケる香り

次にオススメするのがお花の香りがするフェルナンダのマリアリゲル。

お花の香りといってもジャスミンと洋梨、すずらんの香りなので甘さが控えめで大人っぽい香りがします。

基本はお花の香りなんですが、ふんわりサッパリしている匂いなんです。

香りが強すぎると鼻につくという人にはオススメできますね。

男性はキツい香りを好まないことも多いので、こういったサッパリな香りは好感度が高いですよ。

持ち運びもできてさり気なく香らせるのに向いています。

ボディミストなので香る時間は1時間程度、気になる男性と会う直前にシュッと香らせておくと効果的です。

コロンの持続時間は1時間から2時間程度で少し長持ちします。

オーデコロンはボディミストよりももっとハッキリした香りがするのが特徴ですね。

男性にモテる王道の香り

可愛い女の子が良く使っている香水と言えばクロエですね。

上品なバラの香りは男性に好まれる王道と言っても良いです。

むしろ、女の子同士で匂いを嗅がせてもらうときも、女の私でもクラッときてしまう香りです。

バラの香りは上品なだけではなく「いい女感」を出してくれるので、大人っぽい服装と合わせてみてください。

フレッシュフローラルの香りはシックな感じに自然なセクシーさを漂わせてくれると評判です。

食べてしまいたくなるような美味しい匂い

ジューシーな香りであればこちらのロジェガレのパフュームウォーター、ジンジャールージュがオススメです。

スパイシーかつフレッシュで美味しそうな香りが売りです。

実際に嗅いでみると「いかにもエキゾチック」って感じの香りなんですが、爽やかかつスィートで美味しそうな香りは男性を魅了します。

フルーツの香りが好きな人にオススメできますね。

胸元にシュッとして、男性と顔を近づけると甘酸っぱい香りが男性にも届くので気を引くことができますよ。

男性と関係を進めたいなら?

最後にオススメするこのリビドー・ロゼ、実は普段使いするものではなく「夜、意中の男性を誘惑するためのベッド専用香水」なんです。

この香水、ベッド専用香水というだけあって目当ての男性との関係を進めたいときにオススメできます。

男性にアンケートをとってみたところでも今回紹介した中でもダントツで票を集めた香水でした。

実はこのリビドー・ロゼこそが私を香水好きに変えた香水なのです。

香水嫌いの私が香水好きになったワケとは?

このサイトでお伝えしている通り、私は22歳まで男性にモテない女でした。

しかし、ある男性(パパ)に出会い女性としてのレッスンを受けることで、信じられないくらいモテるようになったのです。

そのレッスンを受けているとき、パパに相談した内容が「なかなか女性として見てもらえない」ということでした。

もちろん服装などは女性らしくしていましたし、髪も長くして女の子らしくしていたつもりです。

ですが、男性から「女」として見られることがほとんどなく、それが一番の悩みだったのでした。

そこで、パパから教えてもらったのがこのリビドー・ロゼでした。

この香水を耳の後ろやうなじ、太ももの内側や脇腹などにつけて男性と接するだけで、明らかに男性の反応が違ってきたのです。

人間の五感の中で「嗅覚」だけが唯一、脳の本能と直結していると言われています。

そのため、「香り」は脳の思考を通り過ぎて性欲まで伝わっていくそうです。

この香水をつけて食事にいった男性に「このまま帰したくない」と言われたのですが、これははじめての経験でした。

そのとき私ははじめて「女性として求められている」と感じて自分に自信を持つことができたのです。

それ以来、私は香りの重要性に気がつき、男性を魅了するために必要な要素として磨きをかけてきました。

匂いや香りは記憶に刻まれるもの

見た目も大切なのですが、匂いは相手の鼻孔から脳に届くため確実のその人のイメージとして記憶に刻まれます。

むしろ、良い匂いをまとっているだけで見た目すら補えたりすることがよくあります。

ですから、香りを軽んじずあなたにあった素敵な香りを見つけてくださいね。

この5つの香りの中から、あなたに合うものが見つかれば幸いです。